マギル大学:英語留学

マギル大学附属語学学校では、基礎英語力を磨く初・中級プログラム、大学・大学院進学のためのアカデミックプログラムで構成されています。
8レベルに分かれており1日5時間、1セッション6週間のプログラムです。多くの生徒は真面目で英語に対するモチベーションの高い人ばかりです。
進学を目的としているため、リーディング・ライティングに重点を置いており、短期間でこれらのスキルを伸ばしたい方におすすめ。

Intensive English Language Program

このプログラムでは言語とカナダの文化について学ぶ事ができ、英語力の向上はもちろん、カナダの文化、英語圏の文化についてより深く理解する事ができます。
このプログラムの卒業生はマギル大学本科へ入学するために必要な英語力を満たす事が出来、本科への入学も可能です。
時間:月-金9:00-3:00
レベル:初級-アドバンス
費用:$2,160/レベル(留学生用)
期間:6w/1レベル (25h/w)
入学費用:$81.93
開始日:弊社までお問合せ下さい。

進学を視野に入れた語学留学、上級レベル以上の英語力を求めている方、親子留学をお考えの方におすすめのプログラムです。

※IAはマギル大学い承認された留学エージェントです。



 

マギル大学:フランス語留学


プログラム名:Proficiency in French – Language and Culture
時間:月-金9:00-3:00 (25h/w)
レベル:初級-アドバンス
学費:$2,090/レベル
入学費:$81.93
開講時期:秋、冬、夏

世界60ヵ国以上からの留学生が集まっており、フランス語、フランス語圏の文化などについて学ぶ事ができるプログラムです。アクティビティーでは現地の文化をより深く理解するためにイベント等に参加できるようになっております。

※IAはマギル大学に承認された留学エージェントです。

マギル大学入学基準
macgill

◎マギル大学入学に必要な英語力◎
TOEFL iBT80~100(PBT 550~600)、IELTS 6.5~7.0
注)英語力が足りない場合、条件付き入学(Conditional Acceptance)という制度がある。
仮入学許可をもらい、入学前に集中的に英語研修を受講し規定レベルまでスコアを上げれば入学が認められます。

英語力が足りない人は・・・
マギル大学の附属語学学校は大学や大学院進学を目標とし、アカデミックプログラムで構成されており、Advanced レベルを修了し、一定以上の成績を得た場合は、正規の大学プログラムを受講出来る語学レベルを有するとみなされ、入学資格としてTOEFL 等の語学力証明が不要となります。
IAFCBLOG2BOX.png
MaC Gill University
macgill

MaC Gill Universityは1821年に創立されて以来、40,000以上の生徒を抱えカナダで最も歴史ある大学です。
・世界大学ランキング17位
・300以上のプログラム
・25%の留学生、160ヵ国以上
・最も高いPhD生徒数
・12人ものノーベル賞受賞者
・28人ものオリンピックメダリスト
・現職カナダ首相Justin Trudeauの出身大学

フランス語圏のケベック州にある大学ですが授業は基本的に英語で行われています。
教養学部が最大の学部で全学生の22%が所属しており、15%が理学部、10%が経営学部、10%が工学部、13%が医学部に所属している。残りは農学・環境学部、歯学部、教育学部、法学部、音楽院などに所属する。

語学学校 (英語)

マギル大学附属語学学校では、基礎英語力を磨く初・中級プログラム、大学・大学院進学のためのアカデミックプログラムで構成されています。
8レベルに分かれており1日5時間、1セッション6週間のプログラムです。多くの生徒は真面目で英語に対するモチベーションの高い人ばかりです。

進学を目的としているため、リーディング・ライティングに重点を置いており、短期間でこれらのスキルを伸ばしたい方におすすめ。

語学学校(フランス語)

フランス語圏のケベック州にあるマギル大学ではフランス語プログラムもあります。フランス語での総合的なコミュニケーションスキルを磨く為の質の高いフランス語プログラムを提供しています。クラスは 5 レベルに分かれ、1 クラス 2 名の講師が担当します。実際にフランス語圏での留学や就労の為のトレーニングとして、世界 60 カ国以上からの学生を受け入れた実績のある、カナダでも人気のフランス語プログラムです。

ご質問等ございましたらお気軽にSAKIまでご連絡ください。

IAFCBLOG2BOX.png
copyright © 2017 IA all rights reserved.
Powered by FC2 Blog.