CSQ申請費用変更のお知らせ

2017年からのCSQ申請費用です下記の写真をご参照くださいませ。


csq fee

CSQ取得後に勉強??

こんにちは、IA留学センターです。
先日の移民弁護士さんとの質疑応答で多く聞かれた質問に、
「CSQ取得後にケベック州で再度学校に行くことは可能ですか?」
というものでした。

答えはNOです。

詳細は下記のリンクにてご確認ください。
ケベック州移民サイト

学校に通うのは永住権を取得してからの方が費用も抑えられるのでよさそうですね^^
IAからは学校紹介〜卒業までの全サポートを、移民に関しては弊社提携の移民弁護士さんをご紹介しております。
ご相談は下記お問合せフォームよりSAKIまでご連絡くださいませ^^


カナダ永住権取得の魅力

カナダへ移住する事について悩まれている方、海外移住を考えているがどの国にするか迷われている方は是非ご参考にしてください。


カナダ永住権を取得するメリット

カナダは移民大国です。多くの人々が様々な国からカナダへ移民をしています。カナダの何がそんなに魅力的なのかそして永住権取得のメリットをご紹介致します。
英語環境
英語が話せるのが一般化してきた近年、自分の為そして将来の子供のため英語環境で生活していくのは大きなメリットとなります。

教育水準が高い
英語、フランス語が使われるカナダ。各学校間のレベルの差もすくないため平等な教育が受けられます。カナダのIT教育は世界最先端を行くといわれています。

治安がいい
英語圏の中でも比較的治安の良いカナダ。多種多様な文化なので差別も少なく安心して暮らせます。

医療費が無料
ご存知のとおり医療費が無料。

学費無料
小学校から高校までの公立学校教育は無料です。

児童手当が毎月給付される
子供の数や、年収によって政府から毎月手当てが給付されます。

またカナダは広大な自然があり、四季そして様々なアクティビティーを行う事が出来ます。

みんながPEQカナダへ移民する理由
peq-logo (1)

「カナダ移民は他の国に比べると敷居が低いからスキルがあれば何とかなるだろう」

という思いで、問い合わせしてくる方が後をたちません。

でもカナダではスキルがあっても、基本的に雇用主がいないと永住権申請にはたどりつけません。
またスキルというのは、基本的にカナダの大学やカレッジできちんと勉強したcertificateやdiplomaが有効となるものです。


そのため、残念ですが、現在日本にお住まいでカナダにコネクション(雇用主など)のない方が、日本での経験や教育をもとに、カナダに直接移民申請することは厳しいです。
(特定のスキルカテゴリにおいては、ケベック州を介して申請プロセスに入ることもできます)

有効なスキルも雇用主もない場合で、カナダ永住権を狙うのであれば、

1)英語を中級までまず勉強
2)PEQプログラムでケベック州モントリオールで専門学校へいく
3)フレンチB2達成クラスも同時受講
4)フレンチB2クラスが修了次第、移民申請プロセス開始



移民がしやすいカナダでも、この流れが最低ラインになります。
(雇用主オファーなしで移民申請までたどりつけるのは、ケベック州だけなので。)

そうでなければ、オンタリオ州を例にとると
上級まで英語を勉強し、やっとの思いでカレッジ入学し、カナダ人と一緒に授業に必死でついていき、卒業できてもその後、外国人という不利な立場で、雇ってくれるカナダ企業に必死に就職活動をし、一年間カナダ人と同じ給与でやとってもらい、やっと移民申請できたとしても、所得が低すぎて確実におりない可能性もあるCECクラスに挑戦することになります。

そして現地では、日本人のみなさんは、カナダで就職はおろか、カレッジに英語力不足で入学すらできない方が90%以上というのが現状です。

ケベック州の専門学校にPEQでみんなが移民目的でいくのは、
それほどハードルが低いのがそこしかないと、みなさん知っているためです。

必要な英語力も、上級英語が必要なカレッジと比べても、中級英語でいけるから。

そして、永住権取得までにかかる費用は2年コースのカレッジ以下、かかる時間は3分の1になるからです。


カレッジ入学が本命の方でさえ、どの道、先々永住権が目標になるのなら、PEQで永住権をとって、カナダ人価格(留学生の3分の1)でカレッジに行くと、方向転換する方も多いほどなのです。
それでもかかる費用は当初カレッジに考えていた予算とさほど変わりません。
現地で、カレッジにいったあと必ず就職できる能力や自信がない限り、カレッジ方向からの永住権は長く難しい道のりになることを頭にいれて、

あなたの目的が留学のみなのか、永住権もなのか冷静に数年先まで考えて決断されることをおすすめします。

regist 2

IAFCBLOG2BOX.png
copyright © 2017 IA all rights reserved.
Powered by FC2 Blog.